サラ金の時効はあってないもの

あってないようなサラ金の時効

サラ金の時効は存在します。返済の日から何も反応せずに5年が経過すると、借金の時効が訪れる事になると法律で決まってます。ですが、時効を狙って逃げ回ってても良い事は一つも無いと言う事だけは覚えておいた方が良いでしょう。その事を知って、本当に逃げ回ってる人がいると言うのも事実ですが、逃げてると言う事で精神的に追い詰められてしまうと言う場合も出てきます。何かから逃げてる生活と言うのは、したことある人にしかわからないものですが、かなり壮絶な生活と言えます。

サラ金の時効と言うのは、支払いの日から5年が経過した後に、消滅時効の援用を行うことによって、返済義務が消滅する事になります。ただし、貸した側のサラ金としたら、貸したものを返して貰えない事になってしまうので、そうなる前に色々と行動に出てきます。取立てにも勿論来ますし、姿をくらましたとしても、色々と調べて追ってきます。役所などでは、債権者は債務者の情報を閲覧出来たりする事も可能なので、逃げ回っても見つかってしまう可能性がかなり高いといえます。そして、これだけの情報化社会なので、幾らでも情報をつかまれてしまう可能性があると言えます。

債務者が行方をくらましてしまい、みつからあい場合は債権者は、まず一番に、時効の中断を裁判所に申し出る事により、その日から更にまた5年経過しないと時効にはならないと言う事になってます。時効の中断制度がある為に、いつまで経っても時効にはならないと言う事になります。そんな訳で、時効はあって無いものだと心しておくべきでしょう。